稲毛でマッサージをお探しなら「タイ古式ボディケアSatooru」へ

タイの伝統技術

タイ古式マッサージ創始者タイ古式マッサージの創始者は、今から約2500年前の時代を,ブッタと共に生きたいたインド人のシワカ・コマラパ先生(「タイ医学の父」と呼ばれる)とされています。2500年前から伝わるタイの伝統技術です。

彼はブッタの主治医であり、当時サンガ(仏教僧の集団)の筆頭医師として活躍していました。その修行僧の健康と瞑想のために、アーユルヴィーダのプラーナ理論(タイ語でセンと呼ぶエネルギーライン)に基づくヨーガの技法を組み合わせたダブル・ヨーガを編み出しました。

ブッダの入滅後、シワカの弟子たちは上座部仏教と共に、この「身体に良い瞑想法」である「ダブル・ヨーガ」をタイにも もたらしました。そしてこの「気もち良い瞑想法」「治療としての瞑想法」はタイ人には「気もち良い(サバーイ)瞑想」として受け入れられました。

その後、数次にわたるビルマ軍の侵攻による仏教寺院(ワット)の破壊によってヌア・ボーランの貴重な資料は破壊され一時は衰退しましたが、タイの衛生省(日本の厚生労働省に当たる)に医療行為の一環として認めらて、大学病院等の公的な医療機関でも行われています。

また、近年の科学的な研究にも効果が実証され、海外、特に欧米で注目されプロのボディワーカーや医師、格闘家等にも多く受け入れられています。

タイ古式マッサージは全身のエネルギーの通り道(タイ語でセン)をゆったりと圧したり、ストレッチで伸ばすことによって身体の気の流れ、血液の流れ、水の流れを促し、健康な状態にすることが目的とされています。
現代人に多いコリ・冷え・不眠・慢性疲れなどの不調は、病気とは言えないまでも、病気の一歩手前の状態でもあり、十分な休養とリラックスが必要です。当時、タイの上級階級であり、頭脳労働者にも支持され、育てられてきました。タイの頭脳労働者は頭を使いストレスをかかえ、運動不足でもあり、現在の人たちととても共通している部分があります。
近年急にタイ古式マッサージがもてはやりだしたのは、現代人のニーズとマッチしたのかもしれません。当店はこのタイ古式マッサージ(ヌア・ボーラン)を「世界一気持ち良い」リラクゼーションとしてお客様にご提供していきます。