稲毛でマッサージをお探しなら「タイ古式ボディケアSatooru」へ

タイ古式マッサージ理論

タイマッサージタイ古式マッサージは、タイ語でヌア・ボーラン(ヌア=マッサージ、ボーラン=古式)と言い、タイではワットと呼ばれる仏教寺院(ワット・ポー)で教えられたため仏教同様の古い歴史を持っています。ヌア・ボーランの歴史はタイの仏教を古くから国教としていたタイ王国の歴史そのものと言えるでしょう。

「ヌア・ボーラン」は、人体に「セン」と呼ばれるエネルギーラインが流れているという考えの上に成り立っています。このセンは目に見えないもので解剖学上確かめることは出来ません。
中国の経路にもこのようなエネルギーラインが存在し、似通っていますが、決して一致していません。東洋医学全般にこのような「気」の流れる道があるとされ、まさにタイ古式マッサージ、ヌア・ボーランも東洋医学のひとつであることがわかります。

センの流れに障害や不調和が生じた時に心身に悪影響を及ぼしてしますので、センの流れをスムーズにしてバランスを取ることが大切です。センは身体に72000本あるとされ、その中の10本が全ての基礎となります。
インドのヨーガの流れを汲んだ汲んだストレッチは身体全体に影響し、柔軟性を高め、セン及びポイントに働きかけます。

 

4つのタート

※タイ医学の理論で、全ての物質は「土」「水」「風」「火」の4要素(タート)に分けられるとされています。

タート・ディン
「土」20の器官    脳、心臓、肺、肝臓、胃、腎臓、膵臓、骨、筋肉などの土に還るもの全て

タート・ナーム
「水」12の液体    涙、鼻水、唾液、汗、血液、リンパ液、尿、痰,胃液、胆汁、精液などの液体の全て

タート・ロム
「風」6つの動き    呼吸の動き、血液の動脈と静脈の動き、食べ物の口から肛門への動き、筋肉の動きなどの動き全て

タート・ファイ
「火」4つの熱     体温、高熱、冷え、酸化、(老化)

 

私たちの生命全体は、

  1. 4つの要素が合わさった「身体(Body)」
  2. 記憶や考え、心と対応する「精神(Spirit)」
  3. 体の中を流れ、各器官の機能や感覚を司る「エネルギー(Energy)」

の3つで構成されていると考えられます。

このタートがアンバランスになると体調不良になります。

10セン理論(10エネルギーライン)
タイ古式マッサージの基本は10の主要経路(セン)を刺激することで72,000の経路に伝わり、さらに生命エネルギーが活発になり調整され、タートのバランスを整えます。